鬼嫁日記 あらすじ ネタバレ 第八話

こどもに塾。必要なのでしょうかね?もちろん勉強をするのは悪いことじゃないけれど,強制するのはどうかと思いますね。こどもが自分から望んで行くのならいいけど,小さいうちは遊ぶのが仕事!だというのが私の考えです(笑)

ひどいですね,一馬。自分の娘を犠牲にするなんて!毎日パフェなんて虫歯と成人病の素。一馬はまどかを病気にさせる気でしょうか。だから早苗はなるんです,鬼嫁に。

今度の鬼嫁は教育に目覚めてしまったようです。私の母が教育ママじゃないことに感謝します。

亡くなって2年なのになぜ三回忌というのか?疑問に思ったこともありませんでしたね。お年寄りが数えで年齢を数えるのと同じ仕組みだと思っていました。

塾の試験と法事が重なってしまったまどかは法事を欠席することに。入試や重要な試験ならまだわかるけど,まどかの場合はそうじゃないのに,法事を優先すべきじゃないのか?まどかのおばあちゃんが浮かばれませんよ…。

今度はカンニングですか,一馬。これには鬼嫁の雷が落ちるのも当然です。だけどみっちり教育させるのが本当にこどものためになるのでしょうか?そうとも限らないような気もしますがね…。こどもの心を押さえつけてしまっては,大事な芽さえも摘み取ってしまいます。

法事に行けないことを仏壇に向かって謝るなんて,もうまどかは十分いい子じゃないですか。さすがの鬼嫁もそんなまどかの姿を見たら,法事に行かせないわけにもいかないでしょう。

結局は塾の試験をやめ,まどかも法事に行けることになりました。めでたしめでたし♪やっぱり仏様のためにも,法事にはみんなの元気な姿を見せなければ。純真な心を殺してしまわないようにね。

次回の鬼嫁日記 いい湯だなは6月5日の放送です。

鬼嫁日記 あらすじ ネタバレ 第七話

選挙活動の手伝いをすることになった早苗。また一波乱起きそうな気配です,鬼嫁日記

桜沢の選挙活動が始まり,同時に家事と仕事の両立の生活もスタート。でも一馬は頼んだ買い物を間違えていたり炊飯器のタイマーを忘れたり…。今まで専業主婦だった早苗は色々と大変そうです。

どうにか両立を頑張ろうとしている早苗だけど,だいぶ疲れている様子。家事をこなすだけでも大変なのにそれに加えて仕事となると,尋常じゃない忙しさ。疲れも増すはずです。現実に両立させている主婦の方々はすごいなぁと,改めて尊敬してしまいますね。

「仕事と家庭の両立」をうたっている桜沢が離婚の危機だとバレてしまいました。これは大きな痛手ですね。桜沢も見栄を張らないで,最初から堂々としていればよかったのに。

みんなに嘘をついていたのにはガッカリだと早苗にまで言われてしまいました。そう。みんながガッカリなのは桜沢が離婚の危機にあることよりも,騙されていたこと。嘘をついていことなんてないものです。

桜沢の離婚の危機の情報を流したのは桜沢と選挙で戦う吉岡だったようですね。しかも一馬たちはその吉岡を応援していました…。

そう。嘘をついたことはなかったことにはできないけれど,自分の嘘と非を認めて謝罪するのが大切。なかなかできることではありませんからね。

家事が苦手で家庭がうまくいっていなかったということで,桜沢は前にも増して女性の共感を得るかもしれません。

例に漏れず,吉岡の応援をしていたことが早苗にバレ,雷を落とされる一馬たち。嘘をついて裏切っていたのだから,弁解の余地はありませんね。一馬たちが悪いです。

無事に桜沢が選挙に当選!おめでたいです。

そして一馬が応募していた懸賞があたったことで救われましたね。よかったよかった。

次回の鬼嫁日記 いい湯だなは5月29日の放送です。

鬼嫁日記 あらすじ ネタバレ 第五話

今回の鬼嫁日記 いい湯だなは夢がテーマでした。

専業主婦に夢はないのかと,悩み始める観月ありさ演じる早苗。そんな早苗が行き着いた答えは「夫の夢が妻の夢」というもの。鬼嫁日記らしくなく,ちょっと感動する夢ですね(笑)

そしてレストランを開きたいという一馬の夢を応援することに。鬼嫁日記で「あなたのしたいようにすればいいわ」と優しい言葉が聞けるなんて!

でもそうはうまくいかないのが鬼嫁日記 いい湯だな。夢は束の間に終わりました。一馬に声をかけた人はなんと詐欺師。働かなくてもレストランのオーナーになれると誘って,お金だけを騙し取っていたようです。一馬,ひっかかる前でよかったですね(;^ _ ^A 鬼嫁日記,そこまでではなかったようです。

定番になった最後の早苗と一馬の入浴シーン。「俺の夢は早苗とまどかの幸せ」だという一馬の言葉を喜ぶ早苗。その後に流れるNGにはいつも楽しませてもらっています♪

ところで今回はレストランのウィトレス,みかの夢も明らかになりました。今回の鬼嫁日記の主役っぽかったですね。私の中のみかの印象はうんと良くなりました!もともと好きなキャラですけど♪

次回の鬼嫁日記 いい湯だなは5月22日の放送です。

鬼嫁日記 第四話 あらすじ ネタバレ

心優しいはずのまどかが友達を池に突き落とした。観月ありさ演じる早苗がなぜそんなことをしたのかと尋ねると「面白かったから」と。「ごめんなさい。もうしない」と反省の色を見せるものの,心配でたまらない早苗たち。

まどかに悪影響をもたらすもの?テレビよりもアニメよりも,身近にあるでしょう。早苗本人です。早苗の一馬に対する態度はこどもにとっていいものではないのは確かですもんね。

まどかに悪影響が及ぶことがないようにと,今後は一馬たちに優しく接することを決めた早苗。それをいいことに図に乗る一馬たちだけど,しっぺ返しに合うのが目に見えてますね〜。

今回ばかりは一馬が悪いですね。早苗の堪忍袋の緒が切れるのも当然です。どうしようもない男性陣にはこのくらいの早苗の厳しさがちょうどいいのでしょうかね?

まどかが友達を池に突き落としたのにはそういう理由があったのですね。親や家の仕事をバカにされると,自分のことを言われるよりも悲しく,頭にくるのはこどもなら誰でもそうかもしれません。まどかはやっぱりとても優しい子でした。早苗も鬼嫁ではあるけれど,決して鬼母ではありません。

次回の鬼嫁日記は5月15日の放送です。

鬼嫁日記 第三話 レビュー

確かに観月ありさ演じる早苗は鬼嫁かもしれません。自分の旦那に対して,そんな態度はないんじゃないのかと思うことも多々あります。

いくら浮気が心配だからといっても,フロントにカメラをつけてゴリ演じる一馬を監視するというのはやりすぎです。夫婦の仲にも礼儀あり。やましいことは何もないとしても,監視されるというのは気持ちのいいものではありません。

だけど,一馬も一馬ですよね(笑)今回だって携帯のことを最初から素直に早苗に言えばいいものの,隠したりするからあんなことになるんです。浮気心を出したりするから(汗)

まぁ,それがあるから鬼嫁日記 いい湯だなはおもしろいんですが♪

早苗もやきもちを妬くところを見ると,なんだかんだ言いながらも一馬のことが好きなんですね。実際,お互いいなくなって淋しがるのは一馬より早苗の方かも?

健全な浮気はない。その通りです。どんな理由があるにせよ,浮気は決して正当化できるものではありません!

次回の鬼嫁日記 いい湯だなは5月8日の放送です。

鬼嫁日記 第二話 レビュー

家賃収入が減ってしまうことから,銭湯の売り上げ3割り増しを命じる鬼嫁・早苗。それができなければお小遣いは無し!

慌ててなんとか収入を増やそうと,友達に頼み込んで来てもらうなそ試行錯誤する一馬。売り上げアップを目指して四苦八苦する一馬に対し,売り上げアップにあまり乗り気じゃない様子の良雄。いつもならお小遣いを減らされては大変だと一馬と一緒になって,頭を悩ませるはずですが…?

ユリユリの影響で急にお客さんがかなり増えた銭湯。これには鬼嫁・早苗もにっこり。だけど満員の銭湯の様子を見て,これじゃあくつろげないと帰っていってしまう常連客。そしてそんな常連客を見て肩を落とし,淋しそうな良雄。

これで鬼嫁・早苗もわかったようですね。売り上げよりも大切なものがあると。あまり銭湯の売り上げに力を出さない良雄ですが,このいい加減なやり方が逆にいいのかもしれません。確かに混雑している銭湯にはあまり行きたくないですもんね。

鬼嫁日記 いい湯だなでは,胸を打たれる場面も多いです。それも良雄のおかげでしょうかね。

次回の鬼嫁日記 いい湯だなは5月1日放送です。

鬼嫁日記 第一話 レビュー

鬼嫁日記続編には新しいキャラクターが盛りだくさんですね!私が特に気に入ったのが陽光院様☆鬼嫁日記でのこのキャラクターは見物ですよ(笑)ここまできたらもう鬼嫁日記実録とはかけ離れてしまっているように感じますが(;^ _ ^A

大画面テレビを欲しがる一馬と良雄。今のテレビで十分だという,鬼嫁・早苗。家計をやりくりしている女の人は早苗の気持ちに共感できたでしょうね〜。家計をやりくりする大変さを知らないと,平気で高価なものを欲しがります。

大画面テレビに買い換えることを頑なに反対し続けた鬼嫁・早苗だけど,良雄と一馬が,テレビに関わる昔の話をしているのを聞いて心動かれた様子。家計をなんとかやりくりして,一馬と良雄のために大画面テレビを購入する決意をします。

同時に良雄は亡き妻のへそくりを使って大画面テレビを買おうと一馬と良からぬことを計画中…。なんと古いテレビを壊してしまおうと言うじゃないですか!それは頂けませんね…。どんなに新しいテレビがほしいか知らないけれど,まだ使えるものを故意に壊すのは違反ですよ。

一馬と良雄が家のリビングで目にしたのが,まさに自分たちが買おうとしていた大画面テレビ。「あなた達のために買ってあげたのよ」。この早苗の言葉に一馬がぶち切れた!「俺が働いた金だろう!恩着せがましいんだよ!!」珍しく強気にでたなぁ…と感心したのもつかの間,やっぱり最後は鬼嫁・早苗の勝利で終わりましたね(笑)

最後のシーンはじんわり感動しました。そうそう,テレビはみんなで見るから楽しいんですよね☆いくら大画面テレビだといっても一人で見ていてはつまりません。古いテレビでも家族みんなで見れば笑いも起こるし,楽しいんですよね(^ ^)鬼嫁・早苗の家族への愛情が垣間見えて,ちょっと安心しました。一馬のことが嫌いなわけじゃ,決してないんですよね。こういう夫婦こそうまくいくのかもしれません☆

鬼嫁日記。次回も感動できるシーンがあるんでしょうか?それとも終始,鬼嫁・早苗の鬼嫁ぶりが発揮されてを終わるんでしょうか(笑)

少々気弱な陽光院様の活躍にも期待致しましょう(笑)!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。