鬼嫁日記 あらすじ ネタバレ 第七話

選挙活動の手伝いをすることになった早苗。また一波乱起きそうな気配です,鬼嫁日記

桜沢の選挙活動が始まり,同時に家事と仕事の両立の生活もスタート。でも一馬は頼んだ買い物を間違えていたり炊飯器のタイマーを忘れたり…。今まで専業主婦だった早苗は色々と大変そうです。

どうにか両立を頑張ろうとしている早苗だけど,だいぶ疲れている様子。家事をこなすだけでも大変なのにそれに加えて仕事となると,尋常じゃない忙しさ。疲れも増すはずです。現実に両立させている主婦の方々はすごいなぁと,改めて尊敬してしまいますね。

「仕事と家庭の両立」をうたっている桜沢が離婚の危機だとバレてしまいました。これは大きな痛手ですね。桜沢も見栄を張らないで,最初から堂々としていればよかったのに。

みんなに嘘をついていたのにはガッカリだと早苗にまで言われてしまいました。そう。みんながガッカリなのは桜沢が離婚の危機にあることよりも,騙されていたこと。嘘をついていことなんてないものです。

桜沢の離婚の危機の情報を流したのは桜沢と選挙で戦う吉岡だったようですね。しかも一馬たちはその吉岡を応援していました…。

そう。嘘をついたことはなかったことにはできないけれど,自分の嘘と非を認めて謝罪するのが大切。なかなかできることではありませんからね。

家事が苦手で家庭がうまくいっていなかったということで,桜沢は前にも増して女性の共感を得るかもしれません。

例に漏れず,吉岡の応援をしていたことが早苗にバレ,雷を落とされる一馬たち。嘘をついて裏切っていたのだから,弁解の余地はありませんね。一馬たちが悪いです。

無事に桜沢が選挙に当選!おめでたいです。

そして一馬が応募していた懸賞があたったことで救われましたね。よかったよかった。

次回の鬼嫁日記 いい湯だなは5月29日の放送です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。