バンビ〜ノ!

松本潤演じる伴の怪我は治ったようですね。思いのほか早い治りで安心です。

優先順位が自然とわかるようになり,無駄な動きを無くすことができるようになると伴も一人前といったところでしょうか。優先順位を見極めろ・無駄な動きを無くせ。これは先輩からの有難いアドバイス?

さすが伴!ただの強がりではないです。ただの負けず嫌いではないです。ただの見栄っ張りではないです。一晩でこの変わりよう!優先順位を判断し,先輩からの指令にも待ったをかけて先にやっておいた方がいいことに手をつける。これにはさすがの厨房のみんなも驚ろきを隠せない様子。しかも「慣れてきたようだな」と,伴を認めるような発言も!頑張った甲斐がありましたね。努力は報われるということを見せ付けられました。

そうですね。伴は「バッカナーレ」に雑用をしにきたわけではありません。料理もしたいでしょう。でも下積みを積んでようやく料理をさせてもらえるようになるのでしょう。

自分のずっと先を歩いている桑原に感化された伴。料理をひとつもさせてもらえないまま,博多に帰る日が近づく…。このままおとなしく帰ってしまう?

「もう少しここで働かせてください」とシェフに頭を下げる伴だが,断られてしまう。思わず訛りが出てしまう伴。自己満足のために残られては困ると言うシェフ。中途半端は許されません。大学はどうするのだというシェフに対し,それでもかまわないと言う伴だけど,そういうわけにはいかないでしょう。シェフの言うとおり,学費を出してくれている両親に申し訳がありません。

シェフの作ってくれたパスタを食べながら伴が涙するシーンは感動しました。もらい泣きするかと思いました。「バッカナーレ」のシェフは親のようでもありますね。

最後にまかないを作らせてもらい,空港へと急ぐ。「バンビ」か「伴」に変わってしまったことに一抹の淋しさを感じつつ…。伴の作ったまかないを食べたときのみんなの表情,伴にも見せたかったなぁ。

博多に帰ってからも「バッカナーレ」を忘れられない伴。

次回のバンビ〜ノ!の放送は5月9日です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。